麗華さんの会話が下手な男がそれを武器にしてモテる方法

会話が下手で自分に自信もなく魅力がなかった男が口下手を治したわけでもないのにモテるようになったのか?その方法が公開されていますのが元キャバ嬢ソープ嬢が教える本当の会話術『会話が下手な男がそれを武器にしてモテる方法』という教材になります。

ちなみに特定商法表記によると、 梶原えりなさんという女性名義が販売者になっておりますので、麗華さんの本名が 梶原えりなさん なのかもしれません。

会話が下手な男がそれを武器にしてモテる方法の教材入手はこちら

会話が下手な男がそれを武器にしてモテる方法の教材内容

コミュニケーション力って仕事や恋愛においての成功でも最上位に必要なテクニックではないでしょうか。この力を身に着けることで職場でも出世、円滑な人間関係が構築でき、人生を快適に過ごすことができるようになります。

特に恋愛においては必須のスキルであって昔みたいに無言の男がかっこいい、だまって俺についてこいタイプの男がモテはやされる時代ではありません。

ドラマなんかでは、先日放送されていた恋は続くよどこまでもの作中で 佐藤健さんが演じた天堂浬先生にときめいてしまった女性もたくさんいるようですけど、あれが現実社会にいたら、ただのヤバイ奴です。ドラマではめちゃはまってましたけどね。

さて、元キャバ嬢ソープ嬢が教える本当の会話術『会話が下手な男がそれを武器にしてモテる方法』の教材内容について軽く見ていきいます。

会話の本質

会話の本質とは何かを説明しています。会話の本質はお喋りをすることではなく、〇〇〇〇です!会話=お喋りをするという誤解を解くことでこの本書の説明がより理解しやすくなります。


初対面の人と一瞬で打ち解ける方法


これは、麗華がキャバ嬢時代に使っていたテクニックです。麗華が働いていたキャバクラはお客様の席に着いて10分くらいしたら、すぐに他の女の子と入れ替わるスタイルだったので新規のお客様とすぐに打ち解けることが大事でした。ですので、このテクニックはキャバ嬢の時に本当に効果があってよかったのでよく使っていました。


「きく」ときに大事なこと


人の話しを「きく」ときに大事なポイントを3つ説明しています。この3つのポイントはすごく大事なポイントです。


コミュニケーション能力が高いとは?


コミュニケーション能力が高い人=会話が上手で相手を楽しませれる人のことだとほとんどの方は思っていると思います。確かに間違いではないですし、それも正しいですが、本当のコミュニケーション能力が高い人というのは、それだけの要因ではないです。むしろ、もっともっと大切な要因があります。

元キャバ嬢、ソープ嬢、宴会コンパニオンの接客の経験があり、キャバ嬢時代は沢山の本を読んで試行錯誤した結果、メールと電話と接客のみ(実力のみ)でナンバー2を獲得しました。他にも元看護師でも、学生時代に学んだコミュニケーション学やコールセンターや販売スタッフなどの接客の経験を通して学んだことを活かして会話術のノウハウを作りました。会話が下手な男性がそれを武器にしてモテるようになるためのノウハウですが、社会での人間関係にも役立つノウハウとなっています。

アマゾンでバカ売れした電子書籍、 「元キャバ嬢が明かす、女を虜にする方法」 の著者で ペンネームはエリカというのが、この 会話が下手な男がそれを武器にしてモテる方法の著者である麗華さんと同一人物であります。
またツイッターではモテ男の学校というアカウントを開設されています。


会話が下手な男がそれを武器にしてモテる方法の教材入手はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする